ライジングサン、オリジナルな唯一の存在を目指す!
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2011.04.09 Saturday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
バングラディッシュ体験記![その四]
こんにちは!らいじんぐさんです!
今日の滞在記はいよいよバングラディッシュ編最終回!
バングラディッシュ滞在中に一番驚いた事を書こうと思います。



それではバングラディッシュ編第四回始まります!




現地代理店社長ワヒド氏曰く、
ここの○○○○は最悪だよ(笑)』


さて、○○○○の中には何が入るでしょう?



・・・
・・・・・
・・・・・・・・・考えました?



答えは、交通事情です。
バングラディッシュにはフィリピンをもしのぐ劣悪な交通事情があります。



・慢性的な交通渋滞
日本の2倍の人口密度を持つ、バングラディッシュ。
特に首都のダッカには仕事を求めて多くの人々が集まっています(それが慢性的な電力不足を呼んでいる)。

ここでは朝と夕方の通勤(?)時間帯には慢性的に渋滞が起きます。

・・・だけどこんなの序の口。渋滞は日本でもありますしね。
ただ、ここの車は日本のように排気ガス規制をクリアした”地球に優しい”車なんかじゃありません。

日本で10年使われた後、さらに10年使ったような車がゴロゴロしています。
道路は公害の温床ですよ・・・


毎朝の渋滞の様子(あまりうまく撮れなかった・・・)↓





・スピードの規制が事実上無い
だれも彼ら(ドライバー・・・付き人、使用人の仕事)を規制できません(笑)
スピード規制の標識も見当たりませんでしたし、あっても誰も守っていません。

ちなみに車線もありません
なので各々勝手に開いている隙間に入り込み、車列はグチャグチャ・・・よく事故にならないものだなと思います。


・10車線はある大型の道路に交通信号が無い・・・
私が訪問した時、ダッカ中心部の10車線はある道路(車線は引いてない為、推定。)の信号機が壊れていました。

まぁ、そりゃ壊れる事はあるでしょう。
それはいいんですが・・・

誰も交通整理をしていないのはどういうことでしょうか?(-_-;)

そのおかげで交差点は大混雑。
右から左から、そして向こう側から車は入り乱れ、
バイクは隙間を通り抜けようとし、歩行者もそこを横断しようとする・・・

カオスです


・歩行者は信号を守らない
彼らは信号を見る習慣が無いのか、自分が渡れると思えばいつなんどきでも渡ろうとします。
彼らは横断中車が接近してくると手を車の方にかざします

”止まれっ!”って感じで、
すると車は止まってくれるんですよね・・・はたから見ると超能力者みたい(笑)


・バスは飛び降り自由
『ちょっとそこで止まってくれますか?』

日本でも田舎では乗り降りがバス停に限らず比較的自由な所がありますが、
ここではいたるところで降りてもいいんです。

たとえ交差点の真ん中だろうが・・・

しかもですよ。

バスは止まりません

後ろから猛烈なクラクションにあおられて、そんなに止まってる余裕なんか無いんですよね。ダッカでは。
だから降りたい人は目的地近くまでバスが着いたら、入り口近くで待機して、
バスが減速したときに飛び降りる(慢性的に渋滞しているのでスピードは出ていない)!


・・・私はバングラディッシュではバスには乗れません。


・一台あたり、一日に100回はクラクションを鳴らす
ここではクラクションがまるで、意思伝達の手段であるかのように使われています。
ダッカにいて、クラクションの音を聞かないときはありません。

道路では”24時間”クラクションが鳴り響いています。

『プップー』(早く行けよ!)

『パッパパ パッパー』(後ろ詰まってるぞ!)

『プッ プッ』(道に入れて)

『プーーーーーーーーーー』(どけーーーー!)

などなど、彼らは語りかけるかのようにクラクションを使いこなします。

『ここではクラクションを売ってビジネスができるかもね(笑)』
ワヒド氏は笑いながらいうけど、神経質な人だったら病気になっちゃうよね。この環境・・・



【おもしろ乗り物紹介!】

最後に日本ではチョット見かけない、バングラディッシュの乗り物を紹介します。

まずはこちら!庶民の足!『バイクタクシー(仮)』




一回だけ乗ったんですが、乗車賃は10円くらいだったと思います。
乗り心地は最悪ですね。もろ排気ガスを吸わなければならないので・・・

次はその自転車バージョン!名づけて『自転車タクシー(仮)』





ちなみにこやつら思いっきり歩道をふさいで交通渋滞を作っていました。




あ、そうだ。
後もう一つバングラディッシュに関してびっくりした事があるんですよね。

バングラディッシュから日本やシンガポールに電話をかけると時差があるんですよ(^_^;)


『もしもし?もしもしー?』『・・・・・・・・・はいはい』

『あのひとつ・・・』『お疲れ様です』

『え?』『え?』

『一つ質問があ・・・』『なに?・・・・・ん?時差があるから落ち着いてゆっくり話して!』


って感じ(^_^;)
日本でも衛星中継のニュースとかであるじゃないですか、あれが体験できます(^_^;)



ちょっと長めに書いてきましたが、
バングラディッシュは貧しい事を除けば人々の心は本当に優しい国だと思います。
だけど、仕事以外で誰のサポートも無い状態ではちょっと行けません・・・

そういった意味では、今回現地のエンジニアに直にバングラディッシュの事聞きながらダッカにいられたことは
良い経験でした。次のインド出張もそういった意味で非常に楽しみです♪


・・・食中毒にさえならなければね(笑)




PS.
最近私のブログのランキングが持ち直しつつあります。
こうやって皆さんからの応援を頂き、それが形になって現れているのを見ると感無量です。

これからも頑張ってこの体験記を書かせてもらいます!
みなさん、これからも応援よろしくお願い致します!!


『人気blogランキング』←応援有難うございます!


・節約・アフィリエイト・株投資!全てを駆使してお金持ちになる!
お金持ち自由人への道!』へ!

・お金持ち自由人になるために素敵な本たちとの奇跡の出逢い。
書評『奇跡の本棚』へ!
【2005.01.10 Monday 09:40】 author : ライジングサン
| バングラディッシュ滞在記 | comments(0) | trackbacks(1) |
バングラディッシュ体験記![その三]
こんにちは!らいじんぐさんです!

今日の滞在記ではバングラディッシュという国の経済状況などについて
滞在中感じたことを書いていこうと思います。




それではバングラディッシュ編第三回始まります!



【バングラディッシュの基礎データ】


国名:バングラディッシュ人民共和国

面積:14万4000平方Km(日本の半分以下)

人口:1億2756万人(98年推計)
・・・単純に日本の2倍の人口密度!

首都:ダッカ

言語:ベンガル語(公用語)、英語
・・・ベンガル語を話せるなら英語も大体話せるみたいです。

識字率:38.1%以下(男性:49.4% 女性:26.1%)
・・・女性はほとんど読み書きが出来ません
  町で働く人々も圧倒的に男性のほうが多く、イスラム社会だなぁって感じます。

宗教:イスラム教(88.3%)、ヒンズー教(10.5%)、仏教、キリスト教他

通貨:タカ(1タカ=約2円)

平均寿命:56.7歳




【街の様子と物価】

人々の朝の通勤(?)風景と街並みです↓









街を歩いていて思ったのが、全てが古いということ。
空気はゴミゴミしているのが肉眼でもわかり、潔癖症の人はきついかなと思います。
私もマスクしようかと悩みましたもん(-_-;)


バングラディッシュでは完全に二極化が進んでいます。

『勝ち組』・『負け組み』なんて優しげなものではなく、
使うもの』・『使われるもの』の関係です。

インドにはカースト制がありますが、
隣国バングラディッシュもその影響を受けているのでしょうか・・・

私と同行したエンジニアは常に使用人をそばにはべらせていました。
コーラを買いにいったり、車を運転したりするのは彼らの仕事です。
それがこちらでは普通ということにまず驚きました。


さらにここにはマクドナルドがありません。
そう思うとマクドナルドって、ある程度の経済発展の指標になるなぁって思います。

でもファーストフード店はあって『WINPY』という名前でした。
こちらではメジャーで、創業50周年のキャンペーンをしていました。


ここではファーストフードはお金持ちの食べ物だそうです。
現地のエンジニアクラス(使用人を持てるレベル)の平均の食費は1回100円程度だと聞きました。

ですが、WINPYでハンバーガーを食べると、一食250円くらいはします。
ここではファーストフードは外人向けのサービスであり、現地人が好んで食べるタイプのものではないのかもしれません。

ちなみにWINPYの入り口にはガードマンがいました。
考えられます?ファーストフードの入り口にガードマンですよ(^_^;)


ここでは冷えた飲み物は貴重です。
こちらではコーラは40円ですが、店で買った場合まず冷えていません。

ダッカでは慢性的な電力不足が続いており、
私が訪問した病院でも一日に1回は停電を起こしていました。
そして帰国の時にはなんと国際空港も停電しました

信じられますか?
国の玄関である国際空港全体が停電するなんて・・・


物価面ではシンガポールで手に入るようなものの値段はシンガポールと同じか、
シンガポールより高いくらいです。

シンガポールでもコーラは40円くらいですし、まとめて買えばもっと安いです。
電化製品もシンガポールの方が安いです。

経済的なお得感はこの国にはないです。
なんというか、貧しい国という感じが良く伝わってきます。



【バングラディッシュの国旗】


バングラディッシュの国旗を知っていますか?


そう聞かれて皆さんは頭にバングラディッシュの国旗を思い浮かべることが出来るでしょうか?
私は恥ずかしながらバングラディッシュに行くまでは、バングラディッシュの国旗なんて全然知りませんでした。


これがバングラディッシュの国旗です。





国旗の由来は、緑は若者の意気と緑豊かな国土さらにイスラムの教えを、
赤は独立の為に流された血と自由の新しい太陽を象徴しているといわれています。

ですがもう一ついわれていることもあります。
このデザイン、どこかで見たことがありませんか?

これ日本の国旗に酷似しているんですよね。
バングラディッシュでは国旗を制定するに当たり、日の丸を参考にしたとも言われているそうです。

一説にはバングラディッシュの国旗は日本への憧れを表しているとも言われています。
いい話を見つけたので、ここにリンクを貼っておきますね。



バングラデシュ・パラオの国旗について



ちなみにバングラディッシュの人々はとても親日的で、とても暖かい人達でした。



PS.
最近の我がブログの危機を救ってくださいm(_ _)m
もしよければ応援のクリックをよろしくお願い致します!


『人気blogランキング』←応援お願いいたします!
【2005.01.07 Friday 09:29】 author : ライジングサン
| バングラディッシュ滞在記 | comments(6) | trackbacks(0) |
バングラディッシュ体験記![その二]
こんにちは!らいじんぐさんです!
2005年も気づけばもう5日も経ってしまったんですね(^_^;)みなさんは正月連休気分は抜けました?

私はというと・・・こちらシンガポールではほとんど正月らしきものがなく、
仕事も31日まで普通に出勤していた関係で3連休明け気分ではあっても、正月気分になることができませんでした(^_^;)




それでは今回はバングラディッシュの二回目を書いていこうと思います。
前回は空港からホテル到着までの街の様子をアップしましたが、今回は私が泊まったホテルについて紹介していきます。



それではバングラディッシュ編第二回始まります!



PAN PACIFIC SONARGAON

それが私が泊まったホテルです。
現地ディレクターのParviz氏によると、『バングラディッシュで最高のホテル』とのこと。

まずホテルに入る正面ゲートでは銃を持った衛兵数人がガードしており、ここで普通の人達は入れなくなっています。

そしてゲートを抜け、ホテルの入り口に入ると更にセキュリティがあり、
空港のセキュリティチェックと同じ手荷物検査装置を通過しなければレセプションにたどり着けません(^_^;)

人間と機械による二重のガードでホテルが守られている感じですね。

部屋はこんな感じ、





部屋自体はきれいでしたが、読書をするには少し暗く感じました。
トイレはこんな感じ(ユニットバスでした)、




おぉ、紙がない!まさか・・・タイ式かよ!!(水と手で拭く系)
って絶望してたら・・・





見えないところにあってホッとしました(^_^;)
今回はトイレットペーパー持参してなかったのでホントドキッとしました。

部屋では衛星を通して世界の番組が見れました(日本のNHKもみれます)。
例えばこれ↓





今世界が注目するテレビ局『アルジャジーラ』も生で見れます!!(言葉はさっぱり理解できませんが・・・)

これが見れたときはなんだかカルチャーショックでしたよ。

『俺ってこんなところに来ちゃったんだなぁ・・・』って思いました(T_T)

因みに朝ホテルから見える風景はこんな感じです↓




印象は・・・ボロボロでゴミっぽい・・・・・・ごめんなさいm(_ _;)m


このホテルは、高度なセキュリティ、そして平均的な朝食・ディナー(バイキング式)などを備えており、
確かに良いとは思います(ちなみに料理はいたって普通・・・うまくもなくまずくもない)。

しかし日本のホテルと比較した場合そうでもないかも・・・下手をするとビジネスホテルのほうが快適かもしれません。

このホテルは、1泊 118USドルとの事でしたが、
ただ滞在するだけでもどんどんサービスチャージが加算されるしくみで、
ベットメイキングなどのサービス料金も別途加算されていきます。

しかもベットメイキングに関しては昼用と夜用、1日2回もベットメイキングしにきてくれます。
そしてちゃっかりサービスチャージをとられます。昼用など仕事をしていた為、スタッフに言われるまでは気づきもしませんでした。


大体昼間のベットメイキングなんて全然必要ないんですが(-_-;)


結局実質的な宿泊料は、1泊 200USドル近辺にまで値上がりします。
因みに、更に室内の冷蔵庫に入っている飲み物などを飲むと(ミネラルウォーターはタダ)、
市場販売価格の5倍くらいの値段をとられました。

そしてホテルスタッフはちゃっかりチップも要求してくるし、なんというか・・・ボッタクリ系?


まぁバングラディッシュを体感した今で考えると土地柄、
これだけの(日本では普通だとしても)ものを備えるだけでも大変なんだろうなと思いますし、
そうなると仕方のないことかもしれないとは思いますけど・・・


・・・少し長くなりましたので今日はこの辺で。次回はバングラディッシュという国・経済について紹介しようと思います!
親日家が多いバングラディッシュ。実は日本との意外な接点があるみたいなんです!




PS.
皆様の力を貸してくださいm(_ _)m
もしよければ応援のクリックをよろしくお願い致します!


『人気blogランキング』←応援お願いいたします!
【2005.01.05 Wednesday 09:48】 author : ライジングサン
| バングラディッシュ滞在記 | comments(0) | trackbacks(0) |
バングラディッシュ体験記![その一]
みなさんクリスマスは如何でしたか?
私は体を壊して寝込んでいました(-_-;)←くわしくはこれから書いていきます(涙)


過去のワースト3に入るクリスマスでしたよ・・・
イブもバングラディッシュで現地エンジニア相手に技術講習をしてたし・・・

そんなこんなで散々な今日この頃ですが、
旅行では絶対に行かない国(地球の歩き方にも載ってない!)バングラディッシュを体感する事は出来ました。



それではバングラディッシュ編第一回始まります!



【12月20日 21:00・・・バングラディッシュ ZIA国際空港】

バングラディッシュの首都ダッカに到着。
イミグレーションを通過するのにやけに時間がかかっている。

1人5分ほどはかかってるんじゃないかな。まったく…
どうやらコンピューターで自動処理とはいかないみたいだ(ーー;)

イミグレーションで並んでいる人々は圧倒的にバングラディッシュ人のほうが多い。
観光客・仕事で来る外国人はほとんどいないといったところかな。

イミグレーションのカウンターの比率も、
現地パスポート用7割。外国人用3割といったところだ。
外国人用はガラガラなのにバングラディッシュ人用のカウンターはどこも満杯。

イミグレーションを抜けたエントランスには銃を持ったガードマンがたっており、物々しい雰囲気。
エントランスで現地ディレクターのParviz氏と出会う。ディレクターだけあって振る舞いが洗練されていて知性を感じる。

外に出るとあたりは一面見通しが悪く、最初はそれは霧だろうと思っていた。
でもなんだか気になってそれをParviz氏に聞いてみた。

ら:『なんだかすごく見通しが悪いけど霧ですか?』
P:『ああ。確かに冬にかけての季節の変わり目だから今日は霧っぽいけど、これは埃が舞っているんだよ』


ほこり→誇りゴミ


ああ・・・シンガポールに帰りたい(すでに)
私はきれいな空気が吸いたいです(ホントに)


予想通りバングラディッシュの環境に打ちのめされつつも、車はダッカの中心部へと向かう。
そこで見る景色に私は更に打ちのめされる。



最初はそれをゴミだと思った。

ビニールに丸まった1メートル弱のその物体は、中央分離帯にいくつも投げ捨てられていた。

ピクリともうごかない。

誰も関心を示さない。

私がじっと見ててもParviz氏はそちらの方向を見なかった。


それは老婆であり、子供であり、中には家族で寝ている路上生活者達だった。


彼らはこの埃が舞い、騒音鳴り響く道路の真ん中で寝ていた。

ダッカへ向かう途中、100人をゆうに越えるこれらと同じ人達を見た。

私はそれをみんなに伝えようと思ってカメラを取り出したけど、撮れなかった。
撮っちゃいけないような気がした。

彼らはぐっすりと眠っているのかピクリともしない。
生きているのかどうかもわからない。

そして誰も気にしない。
この国では彼らを誰も見ようとしない。

バングラディッシュはこれまで訪問した国々の中でも更に貧しい国かもしれない。


・・・車は私が宿泊予定のホテルへと到着。
Parviz氏が言う、

『私達は貴方をもてなしたい。ここがバングラディッシュで最高のホテルだ。』と、

クリスマスのイルミネーションで照らし出されたそのホテルは、
電力不足が続く首都ダッカの暗闇の中でひときわ輝いていました。
そこは城のようでした。


そして私はとても複雑な気分でした。





PS.
これを書いている時に(27日朝)インドネシアでの大震災のニュースが飛び込んできました。
今日は事務所は休みですが、管理職は出勤し現地代理店とコンタクトを取っている模様です。

現時点でわかっている事はインドネシアのスマトラ島にてマグニチュード8.9の大地震が起きたということ。

地震や津波の影響で、
スリランカ  約4500人
インドネシア 約2000人
インド    約2000人

アジア全土で1万人以上の死者、100万人以上の被災者を出している模様です。

今年のクリスマスは私にとっていい事が一つもありませんね。




『人気blogランキング』←旅行好きの集う場所♪
【2004.12.28 Tuesday 10:32】 author : ライジングサン
| バングラディッシュ滞在記 | comments(2) | trackbacks(0) |