ライジングサン、オリジナルな唯一の存在を目指す!
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2011.04.09 Saturday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
イタリア滞在記「ベルタプル家Lauraと出逢う」(2)
ビビッタ

なにがってローマ フィウミチーノ国際空港のイミグレーション(入国審査)!!だってガードマン、マシンガン持ってた(-_-;)

イタリアンスマイルを浮かべ、ガムくちゃくちゃしながら、
けだるそ〜に立ってたけどこれじゃ写真もろくに取れやしない。

しっかし・・・イライラする!
飛行機を降りてもう一時間もたつのに未だに荷物が流れてこない!!

僕のだけ・・・ならまだしも(?)
誰一人としてまだ荷物を受け取っていない!

イタリアってこんなにのんびりしたところなの?

・・・ったく。


うむ。・・・でも。
もしこの手荷物受取所の先に誰も待っていなかったらどうしよう。

Lauraがいなかったらどうする?

もう予定より30分も遅れてるし、
そもそもメールだけの友達を待っててくれるものなのか?

・・・もしウソだったらどうしよう。
ローマでイタリア語も話せない男が一人取り残される事になる。

うーん・・・まさかね(-_-;)

ないない!(>_<)

その後更に15分ほど待たされた後、
無事に手荷物を受け取り、僕はゲートの出口へ向かった。

期待と、そしてちょっぴりの不安と一緒に

ゲートの出口には無数の人だかり。ほとんどがイタリア人だった。
僕はその様子に圧倒され、そして不安に襲われていた。

ラウラ、いる?
・・・

Hi!! Oh! WoW!!
近くで歓声が聞こえて、そして僕は振り向き・・・誰かが僕と握手した!

Lauraだった。
Lauraは感動と、少し驚いた様子の笑みで僕を迎えてくれた。

僕も嬉しくて笑顔になる。
Laura、やっぱり背が高いね。165センチくらいあるかな?
17歳なのに少し大人っぽいって感じる。

Laura:『イタリアにようこそ!はじめまして♪』
ライ:『はじめまして!緊張したけど、会えて本当にホッとしたよ(笑)』

Laura:『私もドキドキしてた!でもこれって本当なのよ!!』
ライ:『そうだね!これはリアル!僕は今、イタリアで君と会ってる!』

感動した。僕らは無事出逢った。
この出逢いが僕らの交流がウソじゃなかったって証明してくれた。

それがとても嬉しかった。

Lauraは彼女のおばさんのドーラさんと僕を迎えてくれた。

ドーラおばさんは日本人の僕がとても珍しいのか、
まだあったばっかりなのにパシャパシャと僕の写真を撮ってくれた。

ドーラおばさん。ずーっと笑顔(^_^;)

Laura:『あーあ。惚れられちゃったね(笑)

僕を好きなイタリア人第一号 → Dora Bertapelle(笑)


2002年8月25日 19:30…ただいま時速140キロ

ドーラさんノリすぎだから!!

彼女はさっきからにこやかな笑みを浮かべ、
ハイウェイを140キロで飛ばしてる。

Laura曰く、”ワインの飲みすぎ”なんだって、
ってか、ワイン飲んで運転していいの?

何度も中央分離帯に寄っていく車におびえる僕をよそに、
車はけっこうな速さでローマ中心部へと向かっていく。



・節約・アフィリエイト・株投資!全てを駆使してお金持ちになる!
→『お金持ち自由人への道!』へ!
クレジットカード一覧から、クレジットカードの基礎までを公開!
→『0からのクレジットカードマスターへの道!』へ!
・日本株・中国株そして・・・インド株!?スイングトレードで目指せ1億円!
株式投資分析スウィングトレーダーズ・ラボ』へ!
【2005.07.10 Sunday 19:29】 author : ライジングサン
| イタリアホームステイ | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
【2011.04.09 Saturday 19:29】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









 
この記事のトラックバックURL
http://risingsunsnext.jugem.cc/trackback/105
トラックバック