ライジングサン、オリジナルな唯一の存在を目指す!
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2011.04.09 Saturday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
小学校からの英語教育?
 小学校からの英語教育について、私は少し懐疑的だ。感性多感な幼少期には、もっと人生の基礎となることにこそ時間を使うべきではないかと思う。

 英語など所詮はコミュニケーションの手段。学ぶより話す事が100万倍も大事ではないだろうか?私達も日本語を学ぶよりもずっと先に、日本語を話していたはずだ。

 日本の英語教育は英語が話せない人が、英語が話せないなりの論理で、英語学習を考える事に矛盾があるのではないかと思う。

 アメリカを始めアジアでも英語は普通に話されている。マレーシア人などは数ヶ国語を操るのが普通だが、だからといって彼らが”国際人”というわけではない。

 国際人とは、優れた知性とコミュニケーション能力を持ち、柔軟な感性を有する人ではないかと思う。日本が真に国際的な人材を育てたいのなら、英語より先に学ぶべきコミュニケーションの根幹があるはず。

 それは各国の文化、歴史背景であったり、異なるバックグラウンドを持つ人々を認めるモラルの構築であったりだと思う。英語など、学んで身につけるものではないと思う。

 順序が逆だ。まず話せるようになり、そして文法体系に興味があれば学問として学べば良いと思う。どうしても英語の授業を学校でやりたいのならば、英語を使った歴史や文化の勉強をすれば良いと思う。

 英語を話せるようになる事、それは何かのついでにやるような事ではないかと思う。言語とは自然なもので、自然に使えるようにしなければならないと思う。ヘンに英語を神格化することもなく、意思疎通のための道具…程度に思えば、最初のステップとしては問題ないのではないか。

 英語は無理矢理遅く読む必要もなければ、話せる事が第一なのにわざわざ英国人でもちょっとわからないような文法を学ぶ必要もないと思う。

 英語を話せるようになり、こんな英語じゃちょっと恥ずかしいなと思ったら、その時にこそ英語を学ぶべきだと思う。その方が吸収も早いというものではないだろうか?

 英語を難しく考える日本人は、だから英語が話せないのではないかと思う。まずは通じればよく、そしてその先に表現力を求めればよいのではないか。

 我々も日本語に対してはまず話せるようになり、そして言葉使いを近隣の人達に叱られつつ、時には本を読みながら覚えていったのではなかったか。


 ちなみに私は英語がいわゆるペラペラだし(友達がそう言う)、外国人にも流暢さを褒められる事があるが、文法や表現は稚拙で、幼稚且つめちゃくちゃだ。今度機会があれば、いよいよ英語を学習してみたいと思う。


株式投資FXで目指せ資産1億円のお金持ち自由人!
お金持ち自由人への道!』へ!
クレジットカード一覧から、クレジットカードの基礎までを公開!
0からのクレジットカードマスターへの道!』へ!
・日本株そして・・・FXにインド株!?
株日記トレーダーズ・ラボ』へ!
・素敵な本たちとの奇跡の出逢い。
書評『奇跡の本棚』へ!
【2006.07.04 Tuesday 00:33】 author : ライジングサン
| ライジングサン、英語を語る | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
【2011.04.09 Saturday 00:33】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









 
この記事のトラックバックURL
http://risingsunsnext.jugem.cc/trackback/145
トラックバック