ライジングサン、オリジナルな唯一の存在を目指す!
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2011.04.09 Saturday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
再び、シンガポールへ〜小さな国で世界を感じる為に〜
9月3日夕方

シンガポール、その琵琶湖ほどの小さな国で、僕はアジアと世界を感じる事が出来る。そしてなにより、僕は日本人なのだと感じる事が出来る。

日本にいると自分の小ささを感じる事がある。なにか自分と仕事の合間で小さく生きている様な…視野を絞って生きてしまっているような感覚に陥る事がある。

だから、僕はシンガポールへ行く

中国にタイ、マレーシア、インド、バングラディッシュ、フィリピン、カナダ…これほどの多様な言語と文化に触れることが出来る国。

そして、自らの指針に従い、アジアのビジネスの中心地として世界に確固たる位置を築こうとしている国。

シンガポールで僕の感性はまた開く。

日本人は感性に深いと私は思う。
その日本人が誇る深い感性を持って、この国と接し、そして成長への糧を得たいと思う。頭を英語に切り替えると同時に、感性を開放したい。


もうすぐシンガポール、小さな国にある世界の入り口に立つ。



同日25:00深夜

少し遅れての到着。
飛行機の中で、やはりJALはSIAのサービスを超えられないなと感じる。

シンガポールのイミグレーションで、チャイニーズのおばあちゃんが列を割り込み・・・いつもの見慣れた風景。そして、いつものように傍らにおいてある飴玉を一つ頂く。

空港からタクシーにのってオーチャードへ。

これまでアジアからの出張で戻るたびに見てきたものと同じ景色。
なつかしいというか、なんというか…


シンガポールの町並みが見えてくる。


お金にやさしい町。
二極化と格差社会の街…


下流に住む人々は、このシンガポールの何に魅力を感じるのだろうか…



株式投資FXで目指せ資産1億円のお金持ち自由人!
お金持ち自由人への道!』へ!
クレジットカード一覧から、クレジットカードの基礎までを公開!
0からのクレジットカードマスターへの道!』へ!
・日本株そして・・・FXにインド株!?
株日記トレーダーズ・ラボ』へ!
・素敵な本たちとの奇跡の出逢い。
書評『奇跡の本棚』へ!
【2006.09.22 Friday 17:28】 author : ライジングサン
| シンガポール滞在記(三回目) | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
【2011.04.09 Saturday 17:28】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









 
この記事のトラックバックURL
http://risingsunsnext.jugem.cc/trackback/158
トラックバック