ライジングサン、オリジナルな唯一の存在を目指す!
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2011.04.09 Saturday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
1対6,000,000,000
 最近、サラリーマンとしての仕事の負荷が非常に大きくなってきており、このままでは自分は仕事に殺されてしまうのではないかと思うことがあります。

 そんな中で、何とか独立して投資家として一人立ちできないものかと考えるのですが、その道も今の資金量では、凄まじいパフォーマンスをたたき出し続けなければ、生活しながら資産を増加させていくことは困難です。

 今、僕は自分の行き方を模索する中で、もう一度自分の置かれている環境を掘り下げ、認識する作業を行っています。

 現在、我々の前には1対60億の世界経済が立ち塞がっています。ニュースなどでは、”日本経済は長期低迷期を脱し4年連続で最高益を更新し続けている反面、個人の給与所得は横ばいか下落傾向が続いている”といわれています。

 しかし、それも判る気がします。何故日本人への富の再分配が行われないのか?それはその富が海外で作られたものだから・・・だからこそ国内には配分されないのではないかと思っています。

 つまり、国際企業が好調なのは、円安と(特にアジア経済を中心とした)海外事業が好調だからであって、国内事業が好調だからではない。よって、国内の日本人には所得がまわってこないのではないかと思っています。

 今現在もう既に、単純労働であればあるほど、その競争相手は日本人ではなく給与水準が数十倍も安いアジアの労働者となっています。

 そんな中で、”給与を上げろ”と叫んだ所で、企業は聞く耳を持ってはくれないでしょう。また、アジアの労働者の水準も日進月歩で進化しており、現在では徐々に知的労働者層でもアジアへのアウトソースが起こっているように思います。

 我々は、労働者としての自分を振返る時、国内での自分の価値を測るのではなく、世界での自分の価値を計る時代がやってきたのではないかと思います。

 まさに、1対6,000,000,000のマーケットの中に我々はいるのではないでしょうか?

 グローバリゼーションによって、世界中の人々がより容易にビジネスをつむぐ事ができるようになりました。それは、労働者同士の競争の激化を呼び、労働単価の下落というマイナス要因を持つと共に、翻っては、それほど多様なビジネスとのつながりが得られる事で、多くのイノベーションやチャンスが生まれる土壌がでてきたともいえるでしょう。

 今はリスクを取らなければリターンを得にくい社会であり、このまま惰性に流されていればいずれ窮地に陥る・・・

 私はそれらを踏まえ、そして自分の現状と自分が持つスキルを勘案し、私は出来る限りの努力を持って、自分の成功に向けてもがいています。



株式投資FXで目指せ資産1億円のお金持ち自由人!
お金持ち自由人への道!』へ!
クレジットカード一覧から、クレジットカードの基礎までを公開!
0からのクレジットカードマスターへの道!』へ!
・日本株そして・・・FXにインド株!?
株日記トレーダーズ・ラボ』へ!
・素敵な本たちとの奇跡の出逢い。
書評『奇跡の本棚』へ!
【2007.06.26 Tuesday 21:58】 author : ライジングサン
| 日本について思う事 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
【2011.04.09 Saturday 21:58】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする