ライジングサン、オリジナルな唯一の存在を目指す!
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2011.04.09 Saturday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
海外からの株取引について
もう一つのブログ『常に変化と成長を〜お金持ち自由人への道!〜』を見てもらうとわかるように、らいじんぐさんは投資家として大成することを目指しています!
だからもちろんシンガポールに行っても株取引は譲れません!(笑)

ただシンガポールからの株取引となると、現地の税法との絡みもあるし、
自己判断で勝手にやっていいものかわかりませんでした(真面目でしょ?)

そこで、Eトレード証券とライブドア証券に問い合わせてみました!

【質問】
現在私は現物のみの株式売買を行っておりますが、
10月1日付でシンガポールへ長期出張することになりました。
そこで質問です。
1、海外からの現物株取引は可能でしょうか?
2、取引不可の場合、株を保持しておくことは可能でしょうか?
3、その他手続きで何か必要なことはありますでしょうか?

滞在場所:シンガポール
滞在期間:10月1日〜3月31日


【回答】
お問い合わせの件につき、ご回答申し上げます。
海外に中長期に海外赴任をされておられる等の事由により、『外国為替及び外国貿易法(外為法)』第6条第1項第5号の定めによる「居住者」から「非居住者」に変更となる場合、非居住者の方に関する税制面での取扱が不明確であり、当社において当該税制による税額相当分控除のシステムが対応しておりませんことから、誠に遺憾ながらお客様の当社証券総合口座を閉鎖させていただくこととなります。何卒ご了承ください。

なお、上記『外為法』上の「(本邦)非居住者」の規定は次の通りとなっております。

・外国にある事務所(本邦法人の海外支店等及び現地法人並びに国際機関を含む)に勤務する目的で出国し外国に滞在する者
・2年以上外国に滞在する目的で出国し外国に滞在する者
・本邦出国後外国に2年以上滞在するに至った者
・上記に掲げる者で、事務連絡、休暇等のため一時帰国し、その滞在期間が6ヶ月未満の者
(但し、上記に関わらず、本邦の在外公館に勤務する目的で出国し、外国に滞在する方は、「居住者」として扱われます。)


海外からのお取引については、その国の証券監督官庁から許認可(免許)を取得する必要がございますが、当社は日本以外での許認可を一切取得しておりません。また、報告書類がお客様のお手元に届く確実性、またそれに要する時間の問題等、困難な点がございますために、当社でのお取引に関しましては、日本国内在住の方に限らせていただいております。
つきましては、お客様が上記何れかのケースに該当されます場合は、誠に恐れ入りますが、当社にてお預りしております株式については現物株券をご返却させていただくか、時期を見てご売却いただきご出金手続きを行っていただくこととなります。
或いは、非居住者の方でもお取引が可能な証券会社にご口座をお持ちの場合は、当該口座へ株式を移管していただく方法もございます。なお、株券移管手続きをご希望の場合には、下記コールセンターまでお電話にてその旨、お申し出いただいておりますので、何卒ご了承ください。また、お客様よりお手続きのご依頼を賜りました後、当社より必要書類を送付させていただくこととなりますので重ねてご了承ください。なお、お客様より専用書類をご返送いただきました後、通常、1週間程度で株券移管手続きが完了いたします。
しかしながら、大変恐れ入りますが、非居住者の方でもお取引が可能な証券会社につきましては、当社にてご案内いたしかねますので、何卒ご容赦くださいす。


・・・全部読みました?(笑)

つまり、重要なのは下記の『外為法』上の「非居住者」になってしまう場合

・外国にある事務所(本邦法人の海外支店等及び現地法人並びに国際機関を含む)に勤務する目的で出国し外国に滞在する者
・2年以上外国に滞在する目的で出国し外国に滞在する者
・本邦出国後外国に2年以上滞在するに至った者
・上記に掲げる者で、事務連絡、休暇等のため一時帰国し、その滞在期間が6ヶ月未満の者
(但し、上記に関わらず、本邦の在外公館に勤務する目的で出国し、外国に滞在する方は、「居住者」として扱われます。)


そこで私の場合はどうなのか、本社総務に問い合わせてみたところ
「出張者として住民票等も移さず行く為、「(日本国の)居住者」扱いとなる」
と連絡がありました。

これを受けて再度証券会社へ連絡。すると、

『外国為替及び外国貿易法(外為法)』第6条第1項第5号の定めによる「非居住者」とならない場合においては、ご指摘のとおり、当社でのお取引を行なっていただくことが可能でございます。

との回答をいただくことが出来ました♪

これで堂々とインターネットを通じて株の売買が出来ます♪

皆さんも海外から日本の証券会社を通じて株取引をする場合、
自分が日本国における「居住者」・「非居住者」のどちらになるのかをはっきりさせて売買するようにしましょう!

そうしないといきなり口座を閉鎖されてしまっても
文句は言えないみたいです(-_-;)


『人気blogランキング』←僕を有名人にしてください♪(笑)
【2004.09.18 Saturday 23:48】 author : ライジングサン
| 出国の前にしておくこと | comments(4) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
【2011.04.09 Saturday 23:48】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
ぬほ。全部読んでしまいました。(笑)
ボクも28歳の時に1年間イギリスに行きました。その頃は株は持ってたけど、持ってただけでほとんど売買してなくて、イギリスから取引したらどうなるんだろうなんてこと全く考えませんでした。そして帰国したら株は相当下落してました。涙
何にしても若いうち(?)の海外は影響や刺激が大きいと思いますしがんばって! ボクも、イギリスの経験はボクの人生を間違いなく変えたと言えます。ちなみにその滞在時、半年ほどシンガポール人に居候させて同居してたんで、イギリスからの帰国時に数日シンガポールにその友人を頼って寄ったりしました。噂通りキレイ(清潔)な国で、でも蒸し暑かった。当時勤務してた会社の現地オフィスにいったら、やはりスーツは着てなかったし。そしてマーライオンは工事中、みたいな・・・ま、ぜひドリアンは食して下さい。
Singapore de go goって名前を聞いて、ロンドン・ゴーゴーというイギリス時代、友達が開いてたサイトを思い出しました。関係あったりして?
ワタクシもblog立てる予定なのでよろしくです!
| ケンジ | 2004/09/25 9:37 PM |
ケンジさん、私も今年の正月はイギリスにいました!
(そのうち滞在記を書く予定)

イギリスって家賃とかすごい高いですよねー
びっくりしましたよ。みなさんがルームシェアするのも必然なんですね。

私もケンジさんがおっしゃるように、この海外駐在は私にとって大きな糧となるような気がします。
この25歳といううちに、お金のことを気にせず会社の保護を受けながら海外に住むことが出来るなんて夢のようです!

私の上司は、『海外に行ったら回りは外人ばっかりで、仕事も英語でしなければいけないし大変だね』と言っておりますが、仕事が大変なのなんて全然気にしてません。

それ以上のもっと大切な経験がまっていると思っています!

そうそう、ドリアン。マレーシアに行った時にイメルダから食べさせてもらいました。うーん。私が食べたドリアンはあまり・・・

お礼に納豆を食べさせてあげたら、何故か怒られました。
『こんなの食べ物じゃないよ、気持ち悪い!』って^^;

ちなみにブログの名前の由来は・・・特に無いです^^;

ケンジさんがブログを立てたときは教えてくださいね!
(そのとき私はきっとシンガポールです!)
| らいじんぐさん | 2004/09/26 3:40 AM |
らいじんぐさんさん、はじめまして。こんにちは。

詳しく書いてあったので、概要が分かりました。
今度ちゃんと問い合わせてみようと思います。

また来ます。
| りんご | 2005/03/05 11:31 AM |
りんごさん初めまして!

海外から日本の証券会社を利用するのはかなり難しいみたいです。

シンガポールから見ていると、日本の証券会社ってすごく閉鎖的で、こちらでは見る影もありません。

もっと企業努力してほしいですよね。

うんうん。

また来てくださいね♪(マジで)
| ライジングサン | 2005/03/06 6:32 PM |
コメントする









 
この記事のトラックバックURL
http://risingsunsnext.jugem.cc/trackback/41
トラックバック
海外からの株取引・・・・
僕のように海外から株取引しようと考えられてる方って、けっこういるんですね。 http://risingsunsnext.jugem.cc/?eid=41 とか http://www.interq.or.jp/world/naoto/benricho/stock.html など、すごい参考になりました。なかなか細かく調査されています。
| だらっとした駐在生活 | 2005/02/28 9:45 PM |
海外からの日本株取引
「台湾で財テク」なんて私にはテーマが大きすぎたようで、どこから手をつけたらいいのかと早くも頭打ち状態だったのですが、偶然にも「海外からの日本株取引」について書いているサイトを発見してしまいましたっ。うれしい!! あきらめてはいけないですね。 http://b
| 台湾で財テク | 2005/03/05 11:16 AM |