ライジングサン、オリジナルな唯一の存在を目指す!
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2011.04.09 Saturday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
インドネシア初体験![その一]
いやー元気ですか?僕は元気です。
なんとか帰ってきましたよ。インドネシアの奥地から・・・もう大変ですよ(-_-;)

なにがって?
それはこの日記を読んでいただければわかります(笑)
それでは私にとって8カ国目の国、インドネシア体験記始まります!!


【11月24日・・・シンガポール チャンギ空港】

空港のセキュリティチェックに来るといつも思うんだけど、
ここの人達はなんでセキュリティゲートをピンポンピンポンならしちゃうんだろう(^_^;)
大体10人中8人はブザーを鳴らしてる。

・・・前の人を見て学習しようよ(涙)、最低時計くらいはずしとこうよ(涙)。
ここでもアジア特有の非効率さが出てるなぁと思う。
旅なれてないのかな?


【インドネシア ジャカルタ空港】

飛行機に揺られて1時間半、ジャカルタに到着。
シンガポールとジャカルタは1時間の時差がある。
シンガポールが1:00の時、ジャカルタは0:00時。

だから、1:00に飛行機が出発したら1:30にジャカルタに着く。
1時間くらいなのでそんなにひどい時差ぼけはしない。

飛行機を降りイミグレーション(入国審査)へ向かう。
途中、VISAの発行カウンターでVISAを購入。
インドネシアでは短期間の旅行でもVISAが必要で、空港内のイミグレーションへ向かう途中で買う事になる。就労目的等でなければ、

1〜3日以内・・・10USドル
4日以上・・・25USドル

他のアジア(フィリピンやマレーシア)では、必要なかったのでチョット戸惑う。
実はほとんどお金持ってきてなかったので25ドルはかなりつらかった(^_^;)

だって、今回のインドネシア滞在で持って行った私のサイフの中身は、

・50USドル
・50SGドル
・1,700,000ルピア

”うぉ!ルピア(インドネシアの通貨)だけすごいじゃん!”
って思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、1ルピア = 0.0123円です(^_^)

つまり、1,700,000ルピア = 約21,000円なんです(^_^;)

しかもこれ、
ジャカルタから飛行機で次の目的地に行く為に会社から渡された飛行機代だし・・・
なのでしめて、10,000円+飛行機代。

4日間いるんだから100USドルくらいもって行ったほうが良かったかも
(ちなみに食費は現地代理店払い。宿泊費はカード使用。)

っとそんな感じでVISAを購入し、無事イミグレーションも通過。
でもここで安心してはいけません!
日本人にはジャカルタ空港のアライバルゲートで試練が待っています!

『タクシー?安いね!いらっしゃい』
『オーケー、オーケー、安心ね♪』
『カム、カム。こっちこっち!』

・・・タクシーの呼び込みがすごい!
白人や日本人などを見つけるとにこやかな笑みを浮かべてよってくる(すごくいい笑顔)。

でももちろんついていってはいけない。
荷物も触らせてはいけない(勝手に自分のタクシーに運ぼうとする)。

私の所にもやっぱりやってきた。
私は英語が喋れないフリをしてとことん無視したんだけど、
むこうもよっぽど暇なのかずっとついてくる。

いいかげんうんざりしていた所で、
今回の旅に同行してくれる現地代理店のビンさんがやってきて追い払ってくれた。
そこでついでにちょっとタクシーのことについて聞いてみた。

【インドネシアンのビンさん(35推定)に聞いた、ジャカルタ空港でのタクシーの拾い方!】
・呼びかけてくるのは全てボッタクリです。
・『TAKSI』ってランプの付いている車を見つけても、それだけで判断してはいけません。
 半分以上が車にメーターを積んでいません。
・私達(現地人)でもあのタクシーには乗らない。
・乗るなら『BLUE BIRD GROUP』と書いてある青いタクシーに乗ってください。
・空港で全然『BLUE BIRD GROUP』のタクシーがつかまらなかったら、
 警備の人に20,000ルピアくらい、スッとあげましょう。タクシーを止めてくれます。


・・・以上。

因みに普通のタクシーだったら初乗り3,000ルピア(40円)〜
ジャカルタ市内まで50分ぐらい乗っても1,000円前後だったと思います。

因みにインドネシア。シンガポールやフィリピンと違って英語がほとんど通じません。
ほぼインドネシア語のみ。

ビンさんに聞いたところ(ビンさんは英語が喋れる)、
日本と同じように学校で英語は教えているとのこと。
でもやっぱり喋れない人も多いらしい(学校にいっていない人も多いらしい・・・)。

という事で普通にインドネシアに行く時は、誰か信頼のおけるガイドを探すか、
ツアーでバリなど旅行者向けに整備された観光地へ行くのがベストです。
正直他のアジアと比べても、チョット危険な感じがします。

無事、BLUE BIRDのタクシーも見つかり、一路ジャカルタ中心部へ。



・・・と長くなりましたね。
んじゃ今日はここまでということで(^_^;)

次回はインドネシアの首都ジャカルタについて書いていこうと思います!
シンガポールってなんて都会なのーって感じのジャカルタです(謎)

『人気blogランキング』←旅行好きの集う場所♪
【2004.11.28 Sunday 14:01】 author : ライジングサン
| インドネシア滞在記 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
【2011.04.09 Saturday 14:01】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









 
この記事のトラックバックURL
http://risingsunsnext.jugem.cc/trackback/58
トラックバック