ライジングサン、オリジナルな唯一の存在を目指す!
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2011.04.09 Saturday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
インドネシア初体験![その二]
こんにちわ?こんにちは!?らいじんぐさんです。

最近、とある方から”こんにちは”って”こんにちわ”ですか?
というような質問を頂きました。

正しい日本語は『こんにちは【今日は】』ですが、
今ではどちらも使えてしまいますし・・・今更ながらに日本語って難しいですよね(^_^;)

シンガポール人でもたまにHelloHalloになってたりとかしますが(^_^;)

さて余談はこの辺に、インドネシア編の第二回をお届けいたします!


・・・無事タクシーを見つけ、私達は一路ジャカルタ中心部へ向かいました。
ジャカルタ空港から高速に乗り約50分ほどで市内に到着。
↓ホテルから見たジャカルタ市内







市内の道路では渋滞とスモッグ、
そこはフィリピンの首都マニラとあまり変わらないように思えました。

ただ市内中心部で信号につかまるたび、私はやりきれない気持ちに襲われました。
信号で止まると、道路わきから人々が寄ってきます。

車を勝手に拭き始めたり、
お菓子や飲み物を売って回ったり、
お金を恵んでと子供たちが寄ってきたり、
どの人達も服はボロボロで、
中には体にハンディキャップを持った子供をつれて回っている人もいました。

タクシーの運転手やビンさんはさも日常の風景のように流していましたが、私にはちょっと酷でした。ここでも二極化が進んでいるのかと感じました。

使うものと、使われるもの。
富める人と、貧しい人。
世の中は平等ではないですよね。


その後、市内のとびきり豪華な『富める人達用』の病院で最新医療機器のメンテナンス。
入り口には”私達は国際基準の高度医療を目指します”との看板。

でもそのサービスは平等ではない。
入り口にはゲートキーパーが常駐し、貧しい人は入れもしない。
駐車場にはベンツやワーゲン、日本車などなど・・・

困った人を救うのが医療。

それが美談でしかないのは重々承知しているつもりでも、
なんだか、ちょっとさびしい気持ちになります。

仕事を終えてホテルへ。因みに↓が私が泊まったホテルです。
『HOTEL CEMPAKA JAKARTA』









なんだか薄暗いところでしたが・・・
料金は一泊308,550ルピア(日本円にして約3,800円)。

しかし、クリーニングされてるはずなのにバスタオルにしみがあったり、
部屋の電球が切れていたり…

フィリピンのように英語が通じる国ではないので、
コミュニケーションがスムーズに取れない点にも問題があると思うのですが、
フロントの対応が鈍かったりと、サービスは・・・なホテル(−−〆)

だけど4つ星(ちなみに)。

翌日はジャカルタを出発し、飛行機でカリマンタン島のバリクパパンという地域に訪問しました。
これ以降は日本人には過酷な環境の中で延々仕事をすることになったのですが・・・

長くなりましたのでこれは次回に・・・m(__)m




PS.

なんだかシンガポールに来て、そしてアジアを出張で回るようになって
なんで日本がアジアの中でもこれほど際立っているのかが分かってきました。

日本やシンガポールはアジアの中にあってアジアらしくない。
とりわけ日本はアジアの中でも輝いているように見えます。

日本を出たことによってより、日本を知ることが出来るというのは不思議な感じです。

『人気blogランキング』←旅行好きの集う場所♪
【2004.12.01 Wednesday 15:50】 author : ライジングサン
| インドネシア滞在記 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
【2011.04.09 Saturday 15:50】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









 
この記事のトラックバックURL
http://risingsunsnext.jugem.cc/trackback/59
トラックバック
海外旅行
海外旅行専用のトラックバックセンターです。どなたでもお気軽にトラックバックしてください。...
| ブログ村 トラックバック広場 | 2004/12/01 11:03 PM |