ライジングサン、オリジナルな唯一の存在を目指す!
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2011.04.09 Saturday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
インドネシア初体験![その三]
さてさてインドネシア編も第三回目。

今回はまずジャカルタを離れ、カリマンタン島の入り口『バリクパパン』へ到着しました。
↓バリクパパンの町並み





バリクパパンはジャカルタほどの都市ではなく高層ビルを見かけることはありませんでしたが、
そのかわり人々はのびのびと生活しているように思えました。

でも・・・
だからといって日本人に合うというわけではありません(-_-;)

バリクパパンでの移動は行きはタクシーでしたが、帰りはバスで移動しました。
これが曲者でした。

・・・この”バス”ドアが開きっぱなしなんです。
↓ドアが開きっぱなしの乗り合いバス(バスといっても7人乗りのバン)




これ、日本に行ったら即逮捕ですよ。
だって、

1、バスというよりトラック(人間は荷物扱い)
2、7人乗りに10人は乗る!
3、人が道端に立っていたら勝手に止まって乗せようとする!
4、シートズタボロ!
5、エアコンなし!
6、ドア開きっぱなし!
7、シートベルトもない!(しないんじゃなくて初めから無い!)
8、リアミラーも無い!
9、サイドミラー割れてる!
10、スピードメーターが壊れていていったい何キロで走っているのかわからない(推定80キロ以上)!!



ハアハア・・・信じられないよ〜(-_-;)




・・・ちなみにどこまで乗っても大体一人10円(1,000ルピア←こんな小さな金額初めて)。
安い!100回乗っても1,000円だ・・・


でも金の問題か?


タクシーは初乗り40円だけど日本人にしてみりゃ大差ない!!!
仕事じゃなきゃ絶対こんなんに乗るもんか〜!!

実際、いろんなことは妥協したとしても、
ドア開きっぱなしで80キロ以上出すのは危なすぎる!!
すし詰めのままカーブに突入するなっての!!



・・・こんなんで死にたくないです。


そんなこんなでも時は過ぎ、
死ぬ思いを(私だけ)しながらバリクパパン近辺の病院を回り、帰路空港へ戻る。


私が急速に狼狽していくのなんかお構いなしに、現地代理店のビンさんはすたこらさっさと先を歩いていく。
↓アジアな雰囲気溢れるバリクパパン空港(左がタバコをふかしながらスタコラ歩く代理店のビンさん)




・・・こいつ(-_-;)

ビンさんがこちらを振り向いて一言。
ビン:『今日の病院。うまく行ってよかったですね♪次は飛行機でバダックへ向かいましょう!』


はいはい。どうにでもしてくれ。


ちなみにバダックに関して、先ほど訪問した病院のドクターが、
『バダック?聞いた事の無いなぁ。気をつけてね。』と言っていた。



・・・目標はバリクパパンより田舎と断定。


私、きっとたくましくなれるような気がします。


『人気blogランキング』←旅行好きの集う場所♪
【2004.12.06 Monday 10:29】 author : ライジングサン
| インドネシア滞在記 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
【2011.04.09 Saturday 10:29】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









 
この記事のトラックバックURL
http://risingsunsnext.jugem.cc/trackback/60
トラックバック