ライジングサン、オリジナルな唯一の存在を目指す!
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2011.04.09 Saturday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
インドネシア初体験![その四]
インドネシア編も今回で最後になります。
驚きも多かったけど、それだけにまた一つアジアが近くなった気がします♪

それではインドネシア編、第四回目始まります!


バリクパパンでの仕事も終わり、驚愕の乗り合いバスに打ちのめされながら再びジャカルタ空港へ、これから飛行機で一路(現地ドクターも知らないという)バダックという地域を目指します。

いざ、我らが乗り込む飛行機は・・・プロペラ機(^_^;)
↓バダックへのプロペラ機




いいんですよ、そのくらい。慣れっこです。

それにしても、インドネシアの航空会社って名前かっこいいですよね。
ガルーダエアラインとか、ライオンエアーでしょ?あとペリータ(ペガサス)エアーとか・・・
こういうセンスっていいな〜って思います。

そういえば、インドネシアの手工芸品とかも大好きなんですよね〜♪

そんなことを考えながらもぼーっとプロペラ機に揺られ、一時間半。
うとうとしかけていた所でバダックに到着!

空港に着くと現地の病院のスタッフが待っていてくれて、そのまま病院へ向かいました。
ちょっとしたVIP待遇です♪

そのバスの中でビン氏が一言。
「今回は彼らの工場の寮を貸してもらえるみたいなんです。タダですよタダ♪」




・・・ホテルは?



頭の中でサイレンがなっています。



にげろ!

絶対食あたりになる!
・・・って


でもここはジャカルタから飛行機を2回も乗り継いでくるような陸の孤島。
辺りを見回してもなるほどホテルなんてありません。


それに私はホテルに泊まるとばっかり思っていたので、タオルはおろか何も持ってきていません。
そんなことをいきなり言われても困ります(アジアでは出来るだけ身軽にすべく余計なものは持って行きません)。


寮ですよ寮。
ホテルの衛生環境ですら疑われる国(4つ星ホテルに泊まり、水を飲んで病気になったシンガポール人がいます)で、


・・・寮!?



後で聞いた話ですが、ここバダックは日本でいう『トヨタ市』みたいなもので、
地域全体が大きな工場だそうです。

なんと地域に住むほとんどの人が工場関係者。
また、私が乗ってきた飛行機も工場で働く職員のための”通勤飛行機”なんだそうです。



・・・はぁ(-_-;)


しかたなく、途中の小屋というか廃墟というか商店というかで、
最低限の身の回り品を購入し寮へ移動。
↓宿泊した工場寮




ベットしかありません。
しかもベットの頭側のカバーの色、昔は白かったんだと思いますが今は灰色です。
クリーニングした形跡はありません。それでも思ったよりはきれい(?)でホッとしました。

↓?なバスルーム





なんでしょうこれは(-_-;)
桶ですよねーこの中に入るわけじゃないだろうし・・・
取り合えずシャワールームですよね。深くは考えません。

でも良い所もあって、寮から眺める景色はかなり爽快で落ち着きました。
↓工場寮からの景色




またここでは常にガス工場から上がる炎を見ることが出来、町のシンボルとなっていました。
↓工場の炎の塔





↓夜の炎の塔(24時間稼動していて飛行機からも見ることが出来ます)





なんとなーく
『ロードオブザリング』の塔を思い出してしまうのは私だけでしょうか(^_^;)



社内寮では、料理のときに食器が出なかったり(イスラム式、手で食べます)してビックリ(-_-;)
カニが振舞われたりしたんですが、カニの甲羅なんか日本ではハンマーで叩いたりして殻を割るわけですが、それを聞いたら「俺が割ってやるよ」と、歯でバリッと噛み砕いた後、
その中身を「ほら食え」と渡されたり・・・


Oh!Gosh!!ってな感じですよな


あとまだまだあって、トイレが例の「タイ式」で紙が無かったり(マレーシアの経験から常にトイレットペーパー所持のため回避)


・・・とにかく鍛えられましたよ、インドネシアでは。食あたりにもならなかったし(^_^;)




『人気blogランキング』←旅行好きの集う場所♪
【2004.12.07 Tuesday 12:07】 author : ライジングサン
| インドネシア滞在記 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
【2011.04.09 Saturday 12:07】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
あのシャワールームの水槽には入らないでくださいね。
中に手桶が浮いていたかと思うんですけど、あれはトイレの後に(紙のかわりに)お尻をあらう為の水槽です。
| こてっちゃん | 2004/12/13 6:46 AM |
こてっちゃんさん>

・・・(-_-;)

あ、危ないところでした。危機一髪セーフです(ー_ー)!!

ちなみに手桶も肉眼で確認したんですが、嫌な予感がしたので使いませんでした。


・・・アジアって危険がいっぱいです(笑)
| らいじんぐさん | 2004/12/14 10:42 AM |
コメントする









 
この記事のトラックバックURL
http://risingsunsnext.jugem.cc/trackback/61
トラックバック