ライジングサン、オリジナルな唯一の存在を目指す!
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2011.04.09 Saturday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
バングラディッシュ体験記![その三]
こんにちは!らいじんぐさんです!

今日の滞在記ではバングラディッシュという国の経済状況などについて
滞在中感じたことを書いていこうと思います。




それではバングラディッシュ編第三回始まります!



【バングラディッシュの基礎データ】


国名:バングラディッシュ人民共和国

面積:14万4000平方Km(日本の半分以下)

人口:1億2756万人(98年推計)
・・・単純に日本の2倍の人口密度!

首都:ダッカ

言語:ベンガル語(公用語)、英語
・・・ベンガル語を話せるなら英語も大体話せるみたいです。

識字率:38.1%以下(男性:49.4% 女性:26.1%)
・・・女性はほとんど読み書きが出来ません
  町で働く人々も圧倒的に男性のほうが多く、イスラム社会だなぁって感じます。

宗教:イスラム教(88.3%)、ヒンズー教(10.5%)、仏教、キリスト教他

通貨:タカ(1タカ=約2円)

平均寿命:56.7歳




【街の様子と物価】

人々の朝の通勤(?)風景と街並みです↓









街を歩いていて思ったのが、全てが古いということ。
空気はゴミゴミしているのが肉眼でもわかり、潔癖症の人はきついかなと思います。
私もマスクしようかと悩みましたもん(-_-;)


バングラディッシュでは完全に二極化が進んでいます。

『勝ち組』・『負け組み』なんて優しげなものではなく、
使うもの』・『使われるもの』の関係です。

インドにはカースト制がありますが、
隣国バングラディッシュもその影響を受けているのでしょうか・・・

私と同行したエンジニアは常に使用人をそばにはべらせていました。
コーラを買いにいったり、車を運転したりするのは彼らの仕事です。
それがこちらでは普通ということにまず驚きました。


さらにここにはマクドナルドがありません。
そう思うとマクドナルドって、ある程度の経済発展の指標になるなぁって思います。

でもファーストフード店はあって『WINPY』という名前でした。
こちらではメジャーで、創業50周年のキャンペーンをしていました。


ここではファーストフードはお金持ちの食べ物だそうです。
現地のエンジニアクラス(使用人を持てるレベル)の平均の食費は1回100円程度だと聞きました。

ですが、WINPYでハンバーガーを食べると、一食250円くらいはします。
ここではファーストフードは外人向けのサービスであり、現地人が好んで食べるタイプのものではないのかもしれません。

ちなみにWINPYの入り口にはガードマンがいました。
考えられます?ファーストフードの入り口にガードマンですよ(^_^;)


ここでは冷えた飲み物は貴重です。
こちらではコーラは40円ですが、店で買った場合まず冷えていません。

ダッカでは慢性的な電力不足が続いており、
私が訪問した病院でも一日に1回は停電を起こしていました。
そして帰国の時にはなんと国際空港も停電しました

信じられますか?
国の玄関である国際空港全体が停電するなんて・・・


物価面ではシンガポールで手に入るようなものの値段はシンガポールと同じか、
シンガポールより高いくらいです。

シンガポールでもコーラは40円くらいですし、まとめて買えばもっと安いです。
電化製品もシンガポールの方が安いです。

経済的なお得感はこの国にはないです。
なんというか、貧しい国という感じが良く伝わってきます。



【バングラディッシュの国旗】


バングラディッシュの国旗を知っていますか?


そう聞かれて皆さんは頭にバングラディッシュの国旗を思い浮かべることが出来るでしょうか?
私は恥ずかしながらバングラディッシュに行くまでは、バングラディッシュの国旗なんて全然知りませんでした。


これがバングラディッシュの国旗です。





国旗の由来は、緑は若者の意気と緑豊かな国土さらにイスラムの教えを、
赤は独立の為に流された血と自由の新しい太陽を象徴しているといわれています。

ですがもう一ついわれていることもあります。
このデザイン、どこかで見たことがありませんか?

これ日本の国旗に酷似しているんですよね。
バングラディッシュでは国旗を制定するに当たり、日の丸を参考にしたとも言われているそうです。

一説にはバングラディッシュの国旗は日本への憧れを表しているとも言われています。
いい話を見つけたので、ここにリンクを貼っておきますね。



バングラデシュ・パラオの国旗について



ちなみにバングラディッシュの人々はとても親日的で、とても暖かい人達でした。



PS.
最近の我がブログの危機を救ってくださいm(_ _)m
もしよければ応援のクリックをよろしくお願い致します!


『人気blogランキング』←応援お願いいたします!
【2005.01.07 Friday 09:29】 author : ライジングサン
| バングラディッシュ滞在記 | comments(6) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
【2011.04.09 Saturday 09:29】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
こんばんは♪

>平均寿命:56.7歳
驚きです。
やはり、経済的なものが、
関係しているのでしょうか。

らいじんぐさんのブログは、
私まで世界を旅している気分になれます。
| はるな | 2005/01/08 9:06 PM |
こんにちは、はるなさん!
ただいま、マレーシアのペナン島から帰ってきました!
(滞在記(津波レポ)は近日中にアップします。)

バングラディッシュですが、平均寿命はやはり衛生面にあると思います。訪問した病院も軒並みほこりがすごかったですし・・・

エンジニアの話では、バングラディッシュには雨季と乾季があり、
雨季に河から集まった泥が乾季に乾燥し、市内中に舞うんだそうです。

シンガポールや先進諸国のようにたとえ雨季乾季があっても環境の良い場所はありますが、
バングラディッシュでそれは難しいでしょう。

それに次回アップする予定なのですが、ダッカ市内は慢性的な交通渋滞が起こっているにもかかわらず、日本のような排ガス規制などとても出来る状態ではない為、排気ガスが肺にダメージを与え呼吸器系の病気になる人も多いそうです。

これからもがんばって読み手に分かりやすい文章を心がけて行きます!

応援よろしくです!
| らいじんぐさん | 2005/01/09 12:54 PM |
らいじんぐさんさん、お久しぶりです。
お気に入りに追加してたのに、ココを開けようとするとなぜか『ページが表示されません』ってメッセージが出てきたもんだから、閉鎖したのかな?って思ってました。
ひょんなことからまたココへ辿りつけて良かったです。

シンガポール駐在員生活満喫されてるみたいですね。

シンガポールには極真空手はあるのですか?
聞いたことないけど・・・。
私も極真空手やってますよぉ。

駐在員生活半年限定でしたよね?
ってことは、残すところ後2,3ヶ月ですか?
満喫しまくってくださいね!
| Caramelatte | 2005/01/21 2:24 PM |
Caramelatteさん>

本当ですか!?
何ででしょう?URLは変更しようがないし・・・

・・・ジュゲムめ(ー_ー)!!

でも、またお会いできてよかったです(^_^)

シンガポールに極真はあるのでしょうか?
たぶんないような・・・

私は家で一人基礎稽古をしてます。

ところで、Caramelatteさんも極真なんですか??

うーぬ。
私の知り合いにもオーストラリア帰りの極真ファイター(女性)がおりますが・・・

・・・まさかでしょ?

まっさかー(^_^;)
| らいじんぐさん | 2005/01/22 5:46 PM |
らいじんぐさんさん?
はじめまして。

バングラディシュ 親日のキーワードでたどりつきました。

バングラディシュって想像を絶するほどの環境ですね。
所謂、東南アジア的なのんびり〜ってのは無さそうですね。
いろんな意味で勉強になりました。

はじめたばかりのブログで、バングラディシュ人の社長とあった話の流れできたのですが、記事中にリンクをはらせて頂きました。
| ちゃれんじぃ | 2007/11/15 10:47 AM |
ちゃれんじぃさん、コメント有難うございます。

そうですねー確かにフィリピンやタイ、マレーシアなどと比較すると、バングラディッシュは違いますね。

バングラディッシュのダッカは、知り合いのインド人エンジニアも「アジア最悪の都市」と言っていたように、ちょっとショッキングな所です。

死が傍らにある感じです。

それと、私もバングラディッシュ人は親日だなと感じました。

ですが、気をつけなければいけないのは、バングラディッシュには凄まじい格差があります。僕があった人たちは、すごく頭がよく洗練された英語を使い、論理的な思考をしますが、彼らはバングラディッシュでは選ばれた人。

外国人が東大生だけしかあっていなければ、日本人とは頭がよくまじめな印象しか残らないでしょうが、私があった人たちも、そういった一握りの人達なのかもしれません。

お金持ちは、私から見てもお金持ちです。

ですが、貧乏人はほとんど人間らしい生活をしていません。字も書けず、汚染された水と食料を食べていましたし・・・


バングラディッシュはかなりショッキングな場所ですが、色々考えさせられる事が多いところでもありますね。
| ライジングサン | 2007/11/15 6:28 PM |
コメントする









 
この記事のトラックバックURL
http://risingsunsnext.jugem.cc/trackback/69
トラックバック