ライジングサン、オリジナルな唯一の存在を目指す!
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2011.04.09 Saturday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
インド バローダ滞在記[その一]
こんにちは!らいじんぐさんです!
今日からはいよいよインド滞在記を書いていこうと思います。

インドには1月31日〜2月6日にかけて出張しました。

今回の出張ではムンバイ(ボンベイ)を経由し、
ムンバイから飛行機で1時間ほどの町バローダに滞在しました。

インドは”はまる”か”うちのめされる”かのどちらかだといわれます。
そして私は今、インドが好きです!

それではインド バローダ編第一回始まります!


1月31日(月) 23:30・・・ムンバイ(ボンベイ)に到着。

国際空港はやはりシンガポール・マレーシア・インドネシアなどと比べると威厳を感じない。

シンガポールの空港などは『ここが世界に誇るチャンギ空港だ!』とでもいわんばかりの内装を誇っているのに対し、ここは事務的な空の駅といった感じだ。

深夜便で到着したにも関わらず、イミグレーションはすごく混んでおり長蛇の列に並ぶ・・・疲れる。

バングラディッシュでの経験から、
空港の出入り口に物乞いがわんさかといる事を覚悟していたが意外と少ない。
というか、出迎えの人たちだけしかいないような気がする・・・深夜だからだろうか?

出口で現地代理店のディレクターと合流。ホテルへ向かう。

空港からホテルまでは約20分ほどだっただろうか、
私は5時間あまりのフライトに疲れてボーっと、ムンバイの暗闇を眺めていた。

0時を回っているというのに車の量は多いが、
バングラディッシュなどと比べるときれいな車が多い。

信号待ちで物乞いがやってくる事もほとんどない。
『おぉ、やっぱりインドは違うなぁ』・・・ちょっとインドの成長を感じる。
(バングラディッシュと比較してはいけないのかもしれないが)

渋滞をようやく抜けて車はホテルへ到着・・・0時25分。
明日は9時のフライトでバローダへ飛ぶ。
ホテルにいられる時間は睡眠時間も含めて7時間前後(-_-;)

今回泊まったホテルは『THE ORCHID』というホテル。
一泊インド通貨ルピーで約4,400ルピー(約10,500円)!

普通のインド人の給料が10万円を超えない(この場合の”普通”に貧困層は含まれていない)らしいので、ここは高級ホテルということになる。


↓『THE ORCHID』ホテルの部屋




↓『THE ORCHID』のバスルーム




うむ。いいホテルだ。アジアにしては高いだけの事はある(でも7時間後には出発・・・)。
明日の航空便に間に合うよう、いそいそと眠りについた。


・・・20分前後のムンバイの光景。

あまりに短すぎて、
この時私はまだインドを知る事ができなかった。

『バングラディッシュよりは裕福な町並みだ』
そんな感じの印象だった。


『人気blogランキング』←応援有難うございます!


・節約・アフィリエイト・株投資!全てを駆使してお金持ちになる!
お金持ち自由人への道!』へ!

・お金持ち自由人になるために素敵な本たちとの奇跡の出逢い。
書評『奇跡の本棚』へ!
【2005.02.13 Sunday 17:42】 author : ライジングサン
| インド滞在記 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
【2011.04.09 Saturday 17:42】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









 
この記事のトラックバックURL
http://risingsunsnext.jugem.cc/trackback/76
トラックバック